ロゴ
HOME>Column>失った歯を取り戻す~インプラントで自然な仕上がり~

失った歯を取り戻す~インプラントで自然な仕上がり~

インプラント

インプラント治療の仕組み

歯科治療でいうインプラントとは、歯を失った箇所に人工の歯根を埋め込み人工の歯を取り付ける治療法のことです。名古屋駅付近の医院でも対応しているところがいくつかあります。インプラントとは本来人工の歯根にあたる部分を指し、チタンなど骨との親和性の高い素材が使われていて、あごの骨にしっかりと埋め込むことで人工の歯を固定させる働きがあります。インプラントの上には人工歯の土台となるアバットメントを取り付け、その上にセラミックなどでできた人工歯を取り付けて完了です。埋め込んだインプラントが骨に結合するまで3~6ヶ月かかるため、手術は2回に分けて行われることになります。また、治療終了後は口内環境を良好に保つため、半年に1回程度の定期健診を受けるとよいでしょう。

治療器具

全員が受けられるわけではない

入れ歯のようにずれたりせず、見た目もよくしっかり噛めるなど魅力の多いインプラント治療ですが、誰でも受けられるとは限りません。まず重要なのが、あごの骨です。インプラントはあごの骨にしっかり固定する必要があるため、骨量の少ない人や骨粗しょう症などで骨がもろくなっている人では治療できないこともあります。ただし骨量が不足している人の場合、名古屋駅の歯科では骨再生法などで対応しているところもあるので相談してみるとよいでしょう。また、インプラント治療は外科手術を伴うため、糖尿病の人は受けることができません。手術後に抗生物質などを服用するので妊婦さんも不可です。さらに子供の場合はあごの骨が成長途中なので、20歳を過ぎて骨の成長が止まるまで待つ必要があります。