ロゴ
HOME>Column>矯正治療は抜歯した方が良い?メリットとデメリットをご紹介

矯正治療は抜歯した方が良い?メリットとデメリットをご紹介

院内

抜歯するメリットとデメリット

矯正をするためには歯の位置を動かすことになるので、場合によっては抜歯をしなければいけません。しかし、矯正のためだとはいえ、虫歯でもない健康な歯を抜歯するのは嫌だと感じるかもしれません。たしかに、通常では健康な歯を抜いてしまうのは、体によくない影響がでる場合があるので、とても大きなデメリットとなります。しかし、抜くことでのメリットもありますので、きちんと担当のドクターと話し合って決断しましょう。最終的に矯正をして、綺麗な歯並びにするのなら、抜歯が体に影響を及ぼす確率は低いです。なお、健康な歯を抜くことを提案される一番の理由は、理想的で美しい歯並びを実現するためでしょう。歯を抜かなければ移動が難しかったり、見た目が不自然になったりするケースでは抜歯を勧められます。

治療

抜歯の有無を確認した上で治療を受ける

矯正を行う前には話し合いの場が設けられていて、抜歯の必要があるのなら、そこで事前に提案がされます。したがって、了解もなしに抜歯が行われることは決してありませんので安心しても大丈夫です。もちろん、抜くかどうかは自身で決められるため、抜きたくないと考えるのなら、話し合いの場でドクターに伝えてみましょう。ドクターのほうも無駄に抜きたいとは考えていませんので、希望を汲んできちんと善処してくれるはずです。ちなみに、できる限り抜歯をしないことを売りにしている矯正歯科クリニックもあるため、最初からそちらで診てもらうのもよいでしょう。そのような矯正歯科クリニックならば、ほかのところよりも多くの歯を残せる可能性が高いです。